サービスのご案内Service

天満訪問看護ステーションの対応サービス

療養上の支援:食事、排泄、入浴、清潔の介助
精神疾患や認知症の方への看護
状態の観察:体温、脈拍、血圧測定、病状のチェック
医師の指示のよる医療処置:たんの吸引、チューブなどの管理、血糖値測定など
薬の管理と指導
栄養管理(経管栄養)
ターミナルケア(終末期の看護)
その他介護・看護に関する相談・指導
家族様へのメンタルケア
その他予防介護、床ずれの予防、処置なども行っています。

精神疾患訪問看護

早期発見や早期治療を行えば、普通の日常生活を送ることが出来る場合があります。精神科の実務や研修を終了した看護師が訪問します。

HIV訪問看護

感染症患者も訪問看護が出来ます。大阪市立総合医療センターにて、公益財団法人エイズ予防財団主催 HIV感染者・エイズ患者の在宅医療・環境整備事業の実施研修を受講、終了したスタッフが在籍しております。

看取り

ご自宅で最期を迎えるにあたっては、ご自身やご家族の不安の大きさは計り知れません。ご自身が望む、最期の生き方が実現できるよう、しっかりご本人やご家族と話し合い、不安に寄り添い、医師や介護職、その他さまざまな専門職と協力しながら、最期の時を穏やかに過ごしていただけるように訪問看護師がサポートいたします。そのために私たちは、心と体の痛みを和らげるケアにも力を入れてまいります。

重度障がい者訪問看護

障がい者の健康保持および生活の安定に寄与し、障がい者福祉の向上を図るため重度障がい者の方が医療を受けた場合の自己負担額を自己負担額を軽減される助成制度があります。訪問看護も適用されますので月額上限3,000円でサービスを受けることができます。